マスコミと小沢氏の癒着 椿事件

1993年に椿事件(つばきじけん)が明るみに出ました。
9月21日、日本民間放送連盟の第6回放送番組調査会の会合が開かれ、その中でテレビ朝日報道局長の椿貞良は選挙時の局の報道姿勢に関して、「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではなか」

これって安部〜麻生内閣までのマスコミの報道と一致してますね。
安部内閣では閣僚の失言や事務所費や顔に貼った絆創膏まで
叩かれまくって確か大臣が自殺しましたよね。

同じころ小沢氏の不動産問題が問題になったけどこちらは
小沢氏(政治家)から小澤氏(陸山会)への念書 ?とやらで終わり。
マスコミは大臣の絆創膏は徹底的に叩いたけど小沢氏の不動産問題は
ほとんど報道もしなかったですよ。

あのころから私はマスコミってオカシイ不公平と思っていたけど
私が気がつくずーーーっと前からマスコミは変だったのね。
「モンスター新聞」が日本を滅ぼす
posted by はなまる at 17:34 | 民主党とマスコミ