食の安全が守れない 鳩山政権
宮崎の口蹄疫の被害が広がっています。

去年民主党政権になってから規制してた韓国の食肉・飼料や
中国の飼料の輸入も再開したのよね。
その後、韓国で口蹄疫が発生してるのが分かった。

宮崎の口蹄疫、新たに2例確認 殺処分は9015頭に
http://www.asahi.com/national/update/0503/SEB201005030028.html

被害が増えているのに政府は全く無策、マスコミもあまり
大きく報道しません。テレビはほとんど取り上げないね。
マスコミが大きく報道しないのは多分韓国の口蹄疫が
日本に入ってきたからだと思う。

マスコミには在日の人が多いし、特にテレビはパチンコの
広告で儲けている。
パチンコ→民潭→韓国だから韓国に不利な事は報道しないのね。
広告のないNHKもこれだから。

そして民潭は民主党の支持団体だから、赤松農水相も知らん顔で外遊
「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言 選挙で支援認める
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100113/stt1001130124000-n1.htm

このまま被害が広がれば食肉や牛乳が危ないかも。
世界は食の安全を守れるか 狂牛病と口蹄疫

posted by はなまる at 18:19 | 民主党と口蹄疫