マスコミの印象操作
今朝の日テレやNHKの番組で口蹄疫の事が取り上げられてました。

でも政府の初動体制の遅さとか赤松大臣の外遊とか、事業仕分けで
対策費が削られた事は一言も云わなかった。

嘘はつかなくても、ある一部だけを報道しある部分は報道しない。
そうして物事の本質や全体像を捻じ曲げまげマスコミ思うまま
印象操作する。それがマスコミの手口ね。

事業仕分けもなんとか政府のイメージを良くする事ばかり
取り上げているけど、気をつけないと無駄な脂肪ばかりでなく
大事な血管も切られてしまう恐れがあるよ。

過去の仕分けでも大切な科学研究費を切ろうとしていたからね。
第一いくら仕分けで予算を切ってもそれ以上の無駄遣いをすれば
意味がない。子供手当、高校無料、CO2の25%削減などは無駄遣い
というより私達の税金を海外へ流すための政策だと思う。

子供手当も高校無料も得するのは外国人と外国の学校だけでしょ。
朝鮮学校が何が何でも無償化しろ金よこせって運動してるよ。
韓国やブラジルの学校はすでに無償化の範囲に入れちゃったし、
なんで私達が借金してまで他国の子供や学校にお金を出すわけ ?

CO2の25%削減だって外国から莫大な排出権を買うはめになるよ。
代わりに日本の工場は外国へ出ちゃうし。
でもこういうことはマスコミ特にテレビは全然報道しない。

テレビばっか見てたらそのうち気がついたら国が破産してますよ。

しのびよる財政破綻 「テレビ政治」の内幕

posted by はなまる at 12:01 | 民主党とマスコミ