中国vs前原外務大臣
中国はあの手この手で日本を譲歩させ尖閣を盗もうとしているね。
今のところ前原外務大臣は、譲歩するとは云っていない。
「大事なことは国益や日本の主権を基本に置きながら対応していくことだ」

再考迫られる中国一国頼み 1万人団体旅行中止で
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100917/plc1009172359041-n1.htm

観光だけでなくビジネス全体もだけど中国一国頼みは危険ですよ。
体制が違う独裁国家だから、政治的リスクが大きすぎる。
インドやアセアンその他、アジアにはこれから成長する国がいっぱい
あるんだからむしろ中国以外の国とのビジネスを増やさなきゃ。

観光客だって世界中から集客すればいい。
中国や韓国の観光客はマナーが悪いし中国人や韓国人の
日本での犯罪率は高いんだからむしろ入国を規制して欲しいね。

1万人団体旅行中止で数億円の損なんて盛んにマスコミが
報道しているけど一時の利益に目がくらんで国益や主権を
ないがしろにすると日本そのものがなくなってしまうよ。

その点で前原大臣は間違ってないけど最後まで貫ぬけるかどうか。
前原氏は権謀術策が渦巻く国際政治でやっていくにはあまりにも力不足
でも融通のきかない頑固者だからそれが良い方に働けば良いけどね。

小沢内閣ができたら鳩山氏が外相なんて気味悪いジョークがあったね。
まあ小沢内閣ならそもそも船長を逮捕しなかったでしょう。
小沢氏は沖縄と一緒に尖閣もあげちゃうでしょうからね。

さて菅内閣はどうするか、見物だわ。

なぜ中国人、韓国人に媚びるのか 中国経済がダメになる理由




posted by はなまる at 12:51 | 菅内閣