菅内閣の責任逃れ
民主党・岡田幹事長がテレビに出まくって中国人船長釈放は
検察の判断であり政府は司法に介入しなかった。
つべこべ批判すると国益を損するとか必死に云い張ってました。

検察が独断で釈放を決めたなんて信じる人はいるのかしらね。
実際は中国の脅しに慌てふためいた菅内閣が検察に圧力をかけて
あたふたと釈放し、それで全て片付くと思ったら、
謝罪と賠償を求められ、またまたビックリという所でしょう。

謝罪や賠償には応じないと言ってるけど愚劣な腰ぬけ菅内閣は
脅されればなにするか分からないよ。口先だけは強い事言っても
なにか別の名目で国民に分からないように毟られるかもね。

一番怒りを覚えるのは検察に全てを責任転嫁している事です。
同じ事が起きればまた検察の判断に任せるですって。
だったら中国が軍艦を送ってきたら自衛隊を派遣して
戦闘するかどうかも自衛隊の判断に任せるんでしょうか。
政治主導といいながら一番肝心な事を官僚や現場の人に責任転嫁する。
もう無能なんて以前の問題です。

かつて自民党政権が尖閣に上陸した中国人を素早く強制退去させたけど
私はあの時なぜ逮捕起訴しないのかなんて弱腰なのと思った。

でも日本の入管法の特例で強制退去させたことで尖閣は日本の領土と
国際的にアピールし中国には最大限配慮した結果だと恩を着せた。
その結果が中国にとってはマイナスだったからあれから中国人の
尖閣上陸はなくなったんでしょ。

自民党政権は少なくとも政治判断をし、批判も受けその結果にも責任を持った。
責任逃れしかしない民主党内閣よりは上等だったね。

尖閣諸島どうする日本 民主党迷走と裏切りの300日 「反日」で生きのびる中国
posted by はなまる at 16:50 | 菅内閣