首相官邸には楽観論
中国強硬、根拠なき楽観論砕かれ手詰まり感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100927-00000005-yom-pol
 船長釈放を発表した24日、首相官邸には楽観論が満ちていた。政府筋は「中国の反発は一気にしぼむはず」と語り、首相側近は「この先の中国の動きを見て評価してほしい」と自信たっぷりだった。

まあねぇ首相官邸の楽観論はあながち嘘でもないでしょ。
サヨクの脳内なんてお花畑だもん。そのくせ内ゲバで殺し合うけどね。
外務省にも相談しなくて政治主導したわけね。

菅内閣には外交はもちろん政権担当能力はない。
この後必ず、だから小沢氏に任せようという動きがでるよ。
小沢氏は中国人民解放軍野戦司令官だから、中国は小沢氏となら
話し合うかも。
だって元々グルだから関係改善を図って小沢氏の手柄にする。
そしてその後は日本は中国の思いのまま。それが中国の狙いじゃないの。
鳩山内閣は事実上小沢氏が動かしていたから菅内閣より媚び中だったでしょ。

まさに「民主党らしさ」そのものだった 日本の「覚悟」 反日記念館
posted by はなまる at 12:02 | 菅内閣