尖閣問題で国会追及
国会見てました。
菅総理は衝突事件のビデオを見ていない。
釈放は検察の判断で政治介入はなし。
自民党の谷垣氏はもっと早期に釈放せよという意見だ。
などなど見事に責任逃れしてましたねぇ。

かつては自民党政権も尖閣に上陸した中国人を早期に国外退去させたけど
あの場合は不法侵入だから強制国外退去処分もありでしょう。

日本の入管法に基づく不法侵入の強制退去と処分保留のままの釈放とは
全く意味が違いますよ。日本の法律でちゃんと処分しなかったんだからね。

自民党の谷垣氏は中国の圧力に負けて中途半端に釈放するよりは
先手を打って強制退去させるべきだったという事でしょうが
私はやはりこの場合は起訴してきっちり裁判にするべきだと思うね。

レアアースの輸出禁止とかフジタの社員が逮捕されたからビビったんだね。
日本は世界中に中国の不当な処置を大宣伝する機会だったのに
逆に圧力に超弱い情けない国である事を自ら宣伝しちゃった。

その結果はさっそくロシア大統領の北方領土訪問と云う形で現れました。
米国高官が尖閣は米国が沖縄とともに日本に返還したと発言したけど
その見返りは多分イランからの日本企業の撤退ですよ。
これから先もたくさん国益にマイナスの事が起こるでしょうね。

自民党政権の事なかれ主義もうんざりだったけど
これほどバカな外交の失敗はしなかったわ。

フジタの社員3人が釈放されたけど細野議員が中国に行ってたね。
どんな取引があったのやら。また援助積み増しになるんじゃないの。

日本人が行けない「日本領土」 危機の日本外交ー70年代

処分保留で釈放と国外退去処分の違い

処分保留で釈放は
起訴か不起訴(ふくむ起訴猶予)かの判断を先送りして釈放
外人の場合帰国されると事実上何の法的措置も取れなくなる

国外退去処分は
『日本国内』で『違法行為/国益損なう行為した外国人』に対する行政処分
日本政府から相手国政府に引き渡され数年の入国拒否が伴い前歴がつく
posted by はなまる at 12:57 | 民主党と国会