菅総理の大嘘 外国人参政権は間接侵略
菅総理が国会で外国人参政権は違憲ではないと言っていたけど
これは大嘘なので騙されないでね。

最高裁の判決では外国人参政権は違憲という判断です。
日本国憲法 第十五条にはっきり明記してあります。
公務員を選定し、及びこれを罷免することは、「国民固有の」権利である。

ただ最高裁判決は傍論で「政治で論議して可否を決めるべし」と述べているけど
その傍論を書いた判事さんも在日外国人の暴発を抑える為に書いたが
「国家の重大事なのだから、外国人参政権の導入には慎重になるべき」
と語ってます。

ちなみに外国は 

韓国…200万ドル(約2億円)の投資を行う等の外国人に永住権を認め、
   その一部に参政権を認める。
   実際韓国の選挙権を持つ日本人は十数人。 
   外国人参政権が認められた際日本の参政権を持つ在日韓国人は数十万人。

EU…参政権は「EU国民(EU圏の国籍を持つ者)」のみに限られる。 
   よって日本人は永住資格があってもEUの参政権は持てない。

米国…アメリカには外国人参政権はない。
   移民の国だからこそ外国人参政権は認めない。    

中国…自国民にすら選挙権を与えていない。
   日本に在住の中国人数十万人。

日本は間接侵略にさらされていると思います。
間接侵略のやり方を読めば読むほど日本の状況にそっくり、これまで
疑問に思っていた事がなるほど全てはこういう事だったかと分かります。
何十年にもわたってじわじわきてるねぇ。
そしてついに民主党内閣が誕生し間接侵略はなかば成功したわけです。

鳩山内閣も菅内閣も大事な政策はブレブレですが
外国人参政権・売国に関しては全くぶれていません。

民主党の正体 民主党と日教組 “外国人参政権”で日本がなくなる日

posted by はなまる at 07:43 | 菅内閣