TPPは平成の売国 ?
菅総理はTPPを平成の開国なんて言ってるほんとは平成の売国 exclamation&question

農業だけが問題になっているけどそれ以上に問題なのは人や資本の自由化。
関税がなくなれば輸出に有利っていうけどその分円高になれば意味がないし
企業が今よりもっと外へ出るのも安い外国人労働者を沢山雇うのも自由。
企業にとっては有利でも一般の庶民にとっては働き口は減り給料は安くなり
外国人労働者のための社会保障だけが負担増の最悪の結果になるかも。

そもそも平成の開国なんて去年の龍馬伝のキャッチコピーで煽るのは怪しい。
菅内閣は政権延命の為にアメリカにも中国にも韓国にも尻尾ふりますよ。
マスコミもTPPが日本を救うみたいに言ってるけどマスコミのスポンサーは
企業ですからね。マスコミと民主のコラボには要注意

TPPがどんな条件でどんなメリットデメリットがあるか、どんな影響を
日本にもたらすか、もっと冷静に詳しく議論するべき。

中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!

TPP反対の大義
posted by はなまる at 17:50 | 菅内閣