菅内閣と国難はいつまで続く・・・
菅内閣不信任決議案を巡るドタバタをみると
やはりアホボンの鳩山氏が菅総理に騙されたように見えますね。
口約束でひと月くらいで辞めるから不信任には反対してって言われて
小沢氏も鳩山氏も喜んで反対しちゃった。
なあんてあまりにもバカな話だけど今のところそう思わざるをえない。

鳩山氏「首相はペテン師」「不信任案賛成すれば良かった」
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/politics/?1307070075

菅総理は震災や原発の目途がついたら辞めるといってるけど
だったら目途がつかないように延々と引き延ばせばいい。
それがこの3か月近くの菅内閣の対応です。

断ち切れなかった国難

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110603/plc11060301300003-n1.htm
震災復興の途上で、首相を代えるべきではないという言い方をする議員は多い。政争をしている場合ではないという意見もよく聞かれる。率直に言うが、的はずれな議論である。菅首相が震災対応の責任者であったこの2カ月半あまりの期間、政府の被災地復旧対策、東京電力福島第1原子力発電所事故への対応は惨憺(さんたん)たるものだったことは、多くの人々が認めざるを得ないだろう。

菅内閣が退陣し与野党が協力できる内閣を作る事が震災対策の早道です。
それを国民が要求すべきだけどマスコミはそうさせないように世論誘導している。
国民(マスコミ)が今は政争をしている場合ではないなんて言ってる限り
このままだらだらと対策は遅れるでしょうね。



【送料無料選択可!】民主党政権の真実 (単行本・ムック) / 塩田潮/著

posted by はなまる at 15:40 | 菅内閣