菅総理の延命策 「自然エネルギー庁」
菅総理はG8で1000万戸の屋根に太陽電池をつけるとか発言しましたね。
海江田さんが「聞いてないよ〜」って愚痴ってましたが。
とにかく人気取りになりそうな事をなんの裏付けもなく言ってしまう。
そしてその場限りになる。鳩山さんの普天間と同じです。
で、今度は「自然エネルギー庁」構想ですってよ。

「自然エネルギー庁」構想を披露=菅首相、看板政策に意欲
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011061200129

はて昨日は確か消費税率10%へ上げる社会保障と税の一体改革の実現に
強い意欲を示していたんだよね。

これは要するに絶対総理を辞めたくない、権力にすがりついていたい
という菅総理の居直り延命策でしょう。
TPPにしろその場で言うだけで何一つ進められない菅総理は次々と
こういう問題を取り上げて自分の延命を図っているだけ。
今回も有名人を集めて構想を披露しただけ。

今一番早く必要なのは原発の安全基準を厳しくする事でしょ。
日本は自然エネルギーに向かうべきだけど今日明日に出来るものじゃない。
あと10年くらいは安全を徹底して原発を使わないと仕方ないと思う。

そして地熱、風力、水力、太陽光、天然ガス、省エネその他色々
組み合わせて安定した電力を供給し脱原発を図るべきです。

とにかく菅総理にできるのは今すぐ辞める事。
民主党代表選を行うという動きもあるけど民主党のサポーターは
日本人じゃないから在日韓国人や朝鮮人が日本の総理を決めるのはお断りよ。

まあ国民も悪いわよね。
菅総理は支持しない、そのくせ内閣不信任案提出は評価しない、
なんてマスコミの誘導にのせられてこんなどっちつかずだから
菅総理が世論とやらに付け込んで退陣を拒むのよ。

もし菅総理に少しでも理性とか国に対する責任感があれば
とっくに退陣していたでしょう。

でも菅総理には理性や国に対する責任感どころか恥も外聞もない。
この調子で粘るだけ粘るつもりね。マスコミも流石に困っているんじゃない。
早いとこ次を決めて人気回復キャンペーンをやりたいでしょうに。

【送料無料】民主党政権崩壊へ
posted by はなまる at 17:11 | 菅内閣