エネルギー政策も原発も延命の道具 菅内閣
国会見てますかー。とってもおもしろいですよ。
近頃のドラマなんか比較にもならない面白さです。
これが他国の国会なら腹を抱えて笑うのに日本の国会とは悪夢だわ。

再開同意後の安全評価実施に不信感 佐賀県知事・町長
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1977676.article.html

海江田大臣が散々安全だから原発再開してくれと頼み込んでやっと町長が
再開OKしたのに菅総理が国会で突然に安全評価(ストレステスト)実施の表明。
ハシゴ外された佐賀県知事・町長 が激怒するのは当然ね。

メンツ丸潰れの海江田大臣はその事を国会で質問され流石に憮然。
まず安全基準をきちんと決めストレステストしてから再開を要請するべきでしょ。
菅政権はやる事がメチャクチャ。まともに相手にするとエライメに合いますよ。

しかも九州電力のヤラセメールが発覚。
バラシタのは共産党の議員でしたね。
こういう事だけは共産党を評価します。少数野党として存在してもいい。

昨日は自民・公明が出した津波法案を民主がたな晒しにしていて
その事を質問された菅総理はなぜか60年も前のチリ地震を引きあいに出しました。
2009年のスマトラ津波を受けた法案だったのに全くズレまくり。

菅総理は震災も津波も原発も全く考えていません。
エネルギー政策も震災対策も外交も延命の道具ですよ。


posted by はなまる at 18:20 | 菅内閣