逃げる菅総理 
菅首相の資金管理団体「草志会」が都内でパチンコ店を経営する在日韓国人から、
104万円を受け取っていた問題で国会への領収書提出が求められましたが、
菅首相は「前例がない」と、これを拒否しました。

でも前例はありますから。 
1994年の東京佐川急便事件で当時の細川護煕首相は、
借入金返済を裏付ける資料として領収書を国会に提出しています。

モー信じられない!“うそつき菅”が献金問題でも真っ赤なウソ

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110722/plt1107221147002-n1.htm

菅総理がさっさと領収書を出してしまえば自民党もそれ以上は追及できない。
でもいいわけばかりで出さないと言う事はなにかよほど出せない訳があるから
だと思われても仕方ないね。

しかし国会見ているとまるでやる気のなさそうな菅総理が
壊れたスピーカーみたいに同じ事を繰り返し言っているのを聞いて
イライラしてしまう。震災対策も原発事故もやるべき事をやっている
と菅総理は言うけどやるべき事の最小源をカメのごとくノロノロとやってる。
そしてその事になんの責任も感じず居直っている。
ホントにイライラします。

【送料無料】菅内閣、不毛の時代

posted by はなまる at 17:41 | 菅内閣