ブラタモリ 荒川は公共事業だった !
先週ブラタモリで荒川が水害を防ぐため人工的に作られた川
つまり荒川は明治時代に公共事業で作られた川だったんですね。
不思議な事に荒川は何万年も前の古東京川と同じ位置にあるとか。

荒川おかげで東京下町の水害は非常に減ったそうで勉強になりました。
あれだけの川を作るとは明治の人は偉かった !
タイの洪水を目の当たりに見てそう思いました。

失業して生活保護を貰う人が激増し3兆円も税金がいるそうですが
その半分でも公共事業に回し雇用を作った方がはるかにマシですよ。

公共事業は無駄、コンクリートから人へというのは自民党から
政権を奪うためにマスコミと民主党が流したプロパガンダです。

その為に地方経済は落ち込み失業者は増え、安易に生活保護を
貰う人達が増えてしまった。もちろん無駄な公共事業はダメですが
荒川のように災害を防ぎ、国民生活に役立つ公共事業はあるはずです。


【送料無料】正々堂々と「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ

posted by はなまる at 17:49 | 日記