野田内閣 人権救済法案の提出断念 ?
政府は4日までに人権救済機関設置法案の今国会提出を見送る方針を固めたそうです。

人権救済法案の提出断念 民主党反対派に配慮
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120504/plc12050422140011-n1.htm

民主党反対派に配慮したそうですが一般からもメールや電話、手紙など
相当な抗議があったようで、もしそれが無ければどうなっていたか。
民主党の反対派も選挙民から突き上げられて反対したんでしょうし今国会での
提出を見送っても断念したわけではないし 民主党はマニフェストで
「人権救済機関の創設」を掲げていて民主党政権が続く限り絶対油断はできません。

人権救済機関設置法案は人権侵害の拡大解釈により
表現の自由が侵される恐れがあり人権侵害の定義が曖昧▽
人権委員会の権限が強大で恣(し)意(い)的な運用が可能
しかも在日外国人を人権委員に加えようとしています。

こうした問題点はこれまでも何度も指摘されているのになぜか
法務省はいつも同じ内容で繰り返し法案を成立させようとしています。
法務省の中にも人権救済法案を成立させようとする官僚がいるって事ね。
今回は小川法相が人権救済法案を強く推進してますから本当に危険です。

政治家は選挙で落とす事も出来るけど官僚は落とす事ができません。
官僚は顔が見えないけど要注意ですね。

【送料無料】 危ない!人権擁護法案 冗談も言えない密告社会、監視社会がやってくる / 櫻井よし...
posted by はなまる at 18:10 | 民主党の政策