民主党と生活保護とマスコミ
5/25日のミヤネヤで河本準一氏を庇い片山さつき議員を
非難した内容が批判の対象になっています。

年収5000万以上を稼ぎおかんとの仲の良さを売り物にしていた
芸人の母親が生活保護では批判されるのは当然。
ましてそれを追及した片山議員を嘘ついてまで擁護するとはね。
テレビがここまで腐っている事を視聴者に知らしめたのは良かったけど。

最初に河本準一氏の名前を出したのはサイゾーのサイトだし
片山氏が河本準一氏の名前を出したときはみんな知ってましたよね。
しかも母親だけでなく他にも複数の親族が生活保護を貰っているそうです。

つまり河本準一氏の親族は集団で生活保護にタカっていたわけです。
そのお金はみんな日本人の血税ですよ。

生活保護は日本人には審査が厳しく在日外国人には甘いそうだけど
民主党政権になって在日外国人の生活保護が激増したのは当然でしょう。
なにしろ在日からお金を貰っている政党だもの。

民主党政権になってから歳出も生活保護も激増しました。
マニフェストはほとんど実行されないのに歳出が増えたのは
外国や在日にお金をばら撒いたからです。
おそらくその一部は民主党にキックバックされるでしょう。

そして日本人は年金はカットされ社会保障の掛け金は上がり
野田総理は消費税増税に政治生命をかけるわけです。
この政権を選んだのはマスコミの煽りに乗った有権者です。

民主党よ、日本を潰す気か!/渡部昇一【86時間限定!エントリーで最大14倍!!5月27日23:59まで】
posted by はなまる at 12:38 | 民主党とマスコミ