福島原発事故は誰のせい ?
東京電力福島第1原発事故を検証する国会の事故調査委員会は9日、
公開で委員会を開き、
「東電が全員撤退を決めたとは認められず、官邸が東電の撤退を阻止した事実はない」
と認定しました。国会の事故調査委員会は
「官邸が現場と直接やりとりする想定していない方法で介入し、
頻繁に電話が入るような事態が起きた」と官邸を批判。

つまり責任は官邸・菅総理にありって事ですね。
でも実際はどうだったかは分からない事ですよ。
だって当時の議事録がないんだもの。

議事録を取らなかったのはあまりの重大事故で余裕がなかったのか
それとも責任を回避するためなのか・・・

はっきりしているのは東電も政府もあの事故への備えや対策が
なにも無かったということです。
東電は天下りの巣で取るべき安全対策を取らず
政府への対策ばかりしていたとしか思えません。
歴代政府も原発に対する安全策をもっと厳しくするべきだった。

それでもあの菅元総理ではなくもっとまともな内閣なら
あれほど酷い事故にはならなかったはずだと思います。
被爆した人ももっと少なかったはず。

野田内閣が大飯原発を再稼働させようとしていますが
原発がエネルギーとして当分の間必要なのはその通りだと思います。
ではなぜもっと早くキビシイ安全基準を決め安全対策を取らなかったのか
時間は充分あったのにいい加減な暫定基準で原発を動かそうとしている
野田総理はある意味菅総理より悪質です。

【送料無料】福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書
posted by はなまる at 18:56 | 菅内閣