小沢一郎の正体
小沢一郎氏の夫人和子さんの手紙が週刊文春にのりましたね。
その内容は苛烈です。これが本物なら小沢氏は終わり。

小沢一郎ついに「男としても政治家としても終焉」
妻から容赦ない三行半
http://www.j-cast.com/tv/2012/06/14135645.html
「こんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」

(昨年の=筆者注)三月十六日の朝、北上出身の第一秘書の川辺が私の所へ来て、『内々の放射能の情報を得たので、先生の命令で秘書達を逃がしました。私の家族も既に大阪に逃がしました』と胸をはって言うのです。あげく、『先生も逃げますので、奥さんも息子さん達もどこか逃げる所を考えてください』と言うのです。

あの大震災の時小沢氏が全く姿を現さず津波にのまれたのではないかという
噂が立ちましたが津波に飲まれるどころか東京の自宅に隠れていたわけね。

被災者を置いて自分だけ逃げる、最低だけど小沢氏だけではないでしょう。
内閣の高官や原子力保安院の役人も逃げた人がいる。
民主党議員もしばらくは東北に近づかなかったですよ。

この手紙は多分本当だと思います。
小沢一郎という人はこういう人です。
国や国民の事なぞ何も考えていない。
自分が権力を得る為に日本をガタガタにした人です。
今まで自分が他人にした事の付けが回ってきましたね。

【送料無料】小沢一郎は背広を着たゴロツキである。
posted by はなまる at 18:02 | 小沢氏と民主党の犯罪