消費税増税は良い ? 悪い ?
野田総理は消費税増税に命をかけるとうるさく言っていますが
あんなに云われると総理の命も軽いわーと思いますね。

消費税増税には反対する人が多数です。
色々な無駄遣いを放置して消費税だけ増税するのは私も反対です。
この円高不況デフレ下に増税は経済を壊してしまう恐れが高く
景気が悪ければ税収だって増えませんよ。

一方消費税を増税しなければ日本の国債のランクが下がる恐れがあります。
日本の国債はランク付けなど関係なく値段は安定していましたが
それはこれまでの話で外国人の保有が多くなったこれからは違います。
スペインのように国債の金利が暴騰したら日本の財政は崩壊ですよ。
つまり消費税を上げてもあげなくても高いリスクがあるんですね。

だったらまず円高を円安に誘導して東北の復興を中心に災害対策などの
公共事業もやって景気を温める一方で税金の無駄遣いを徹底的に省く。
その後に消費税アップというシナリオしかないでしょ。

社会保障や福祉にも無駄や不正や不公平は沢山あるし
社会保障の大盤振る舞いは詐欺師の騙しみたいで聞きたくない。
一方で若い人の年金不安も大きい。
民間の収入は下がったのに公務員や政治家の給与が高く
さまざまな特権があり優遇されている事への不満も大きいです。
ここへ切り込まないと消費税をいくらアップしても無駄。

無駄な公共事業は悪ですが災害の被害を軽減したり省エネ省資源に役立つ
公共事業はやるべきです。学校病院など公共施設の耐震化、省エネ化など
有益なコスパのいい公共事業で雇用を作って欲しいです。

そしてグリーン革命を推し進める事。
地熱発電、小水力発電、その他新しい発電技術もどんどん開発するべきです。
もう暗い話ばかりはイヤじゃないですか。

どの政党が納得のいく政策を出しそれを実行する力があるのか。
公共事業は無駄、実行できない政治、信用できない政治家などと
政治不信を煽るマスコミの口車に乗らないでじっくり見極めましょう。

【送料無料】天下り“ゾンビ”法人

【送料無料】公共事業が日本を救う

posted by はなまる at 17:51 | 民主党の政策