盧武鉉政権が日本を仮想敵国視
盧武鉉政権が日本を仮想敵国とするよう米国に働きかけていたと云う事は
ネットでは随分前から話題になっていましたね。

韓国与党セヌリ党の鄭夢準(チョン・モンジュン)・元党代表が
この話を国会本会議場前で記者団に暴露したんですって。

盧武鉉氏は根っからのサヨクで親北政権でとことん反日でした。
そのバカサヨぶりはヘタなお笑い芸人よりも面白かった。
(まさかその後鳩山・菅という盧武鉉氏にも劣らぬコメディアンが
日本の総理になるとは思わなかったですよ。)

誰が大統領でも韓国というのは本当に厄介な隣人です。
日本海を東海と併記しようと世界中で運動したり(米は断りましたが)
従軍売春婦問題で捏造話を世界中にまき散らし従軍慰安婦像なるものを
韓国の日本大使館前や米国に建てたり、先日も日韓の協定をドタキャンしましたね。
この場合日本には利のない協定だから破棄した方がいいけど。

問題は日本に沢山の在日韓国人が住んでいる事です。
ただ住んでいるだけでなく生活保護を貰ったりマスコミや芸能界に
沢山はいりこんで反日活動をしている事です。

なぜ日本のマスコミは韓国に都合の悪い報道はしないのか
北朝鮮の拉致はなぜあれほど長い間見逃されたのか
それは韓国・北朝鮮の人がマスコミに大きな影響力を持っているからでしょ。

中の人だけじゃなく在日企業はスポンサーとしても有力です。
だから民潭や在日の人から援助を受けて帰化した人が多数の
民主党が政権につくのをマスコミはあれほど応援したんですよ。

今は次の選挙に落ちる事が確実で民主党の批判も報道してますが
かつての自民党へのネガキャンと比べれば非常に甘い。
もっとも自民も民潭や在日韓国・朝鮮・中国に対して甘かったけどね。

パチンコなどから献金も貰ったし彼らの要求に妥協して丸く収めよう
と云うのが自民党のやり方でした。なにしろ野党もマスコミも
全部あちらの味方で人権を盾に要求ばかりして拒否すれば弱者いじめと
マスコミに叩かれましたからね。マスコミの云う弱者とは実は在日の人で
人権とは在日の人の人権で日本人の人権はないがしろにされましたけどね。
だから拉致被害者が長い事忘れられていたんです。

長い間日本人は知らなかったけどいい加減目を覚まさないとね。
お隣の国韓国は反日教育をし、世界中で日本の悪口を言いふらし
日本からお金や技術や領土を奪い取ろうとしている国です。
北朝鮮も中国も同じです。

そういう国の政府や人の理不尽な要求にははっきりノ―と云わないと
一つ譲歩すると百も千も要求してきますよ。国際社会はそんなものです。

【送料無料】やっかいな隣人韓国の正体

posted by はなまる at 18:23 | 日記