従軍慰安婦の真実
韓国は折に触れ従軍慰安婦問題を取り上げ日本に謝罪と賠償を
求めていますがこの従軍慰安婦は全くのでっちあげ。

しかも日本のマスコミとサヨク弁護士などにでっちあげられたものです。
この↓サイトに詳しく載っていますね。
http://blogos.com/article/45082/

まず吉田清治なる人物が従軍慰安婦をでっち上げましたが
彼はのちにこれを「フィクションだ」と認めました。

ところが福島瑞穂氏や高木健一氏などの弁護士が吉田の話に目をつけて
日本政府を相手に訴訟を起こすため韓国で原告になる元慰安婦を募集し
元慰安婦の金学順をNHKなどに出演させました。

そして朝日新聞の植村記者がこれを(吉田のストーリーにそって)
「女子挺身隊として強制連行された」報道しましたがその植村記者の
義母は慰安婦裁判の原告団長でのちに裁判費用を詐取したとして逮捕され、
行方をくらましました。

要するに戦争をネタにもうけようとたくらんだ旧軍人が「軍の性奴隷」という猟奇的な話をでっち上げ、それを政治的に利用しようとした日本の弁護士が韓国人をけしかけ、朝日新聞がそれに乗せられたという構図だ。したがって主犯は福島氏で、朝日は問題を拡大した共犯である。
この福島瑞穂氏は言うまでもなく今の社民党党首です。
次の選挙では社民党にも国民の鉄槌が下るよう願いますね。

【送料無料】日韓「歴史問題」の真実 [ 西岡力 ]
posted by はなまる at 19:29 | 日記