輿石氏「戦わずして勝つ」
民主党は解散を回避する為、法案も通すつもりが無いようです。

 「動かざること山のごとしだ」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121019-OYT1T00243.htm?from=main1
 当面の対応について、輿石氏はこう周辺に語っている。法案が通らないままだと、予算が足りなくなり、国民生活に影響が及ぶ。「民主党が動かず耐えていれば、自公の方が世論の批判に抗しきれなくなり、解散の確約がなくても、法案に賛成するようになる」と判断しているようだ。輿石氏は「戦わずして勝つだ」とも漏らしている。

輿石氏はさすがに日教組のドンだけありますね。
イジメと責任転化のやり方は上手いですわ。

つまり輿石氏始め民主党は国民生活はどうでもいいわけです。
自分達は特例公債法案など重要法案を成立する為の一切の努力をせず
批判だけは野党に向けるようマスコミと結託し世論を誘導しようとしている。

まあこの嘘つき内閣は結局来年の夏まで続くのかしら。
その間どれほど日本の国益というか私達の利益が損なわれるか怖いですね。

民主党の誠意なんて全くない嘘ついて相手を騙した方が勝ち
全てを責任転化して他人のせいにするってやり方はお隣の国に似ています。
ちなみに解散が来年になれば政党助成金ががっぽり民主党に入ります。

【送料無料】民主党と日教組 [ 阿比留瑠比 ]
posted by はなまる at 17:50 | 日記