日銀総裁の後任人事
遅れ馳せながら明けましておめでとうございます。
年明け円は86円になり少し明るさが増したような・・・
米国の財政の壁も決着し欧州も少し落ち着きました。
日本にもよい影響があるでしょう。

今年4月には日銀総裁の任期切れでようやく貧乏神の
白川氏が日銀から去ってくれます。
思えば福田政権の時参院で多数を占めた民主党が
政府が出した日銀総裁の候補者を片っ端から拒否し
押し込んだのが白川氏でした。

日銀総裁の人事は両院での賛成が必要でしたからね。
最も白川氏だけを貧乏神にするのは片手落ちですね。
民主党政権自体が日本にとっては貧乏神。
サムソン等の韓国企業にとっては福の神でした。
極端な円高は日本企業の競争力を落し韓国企業を助け
日本の企業を中国に追いやるための政策です。

安倍内閣は自分達の政策に協力的な日銀総裁を選ぶでしょうが
やはり問題は民主党が第一党の参院です。
民主党の前原氏は「事前に相談してもらうということだ。
相談なく(国会に)出されても、ノーだったらノーという」
と述べています。
つまり政府の人事案に反対するという脅しをかけているわけね。

参院で自公政権に不足しているのは16議席ですが
民主党以外のみんなの党や維新、その他の議席を合わせれば
16議席に達するのでなんとかなると思いますね。

円は一ドル90~100円くらいが適当でしょう。
石油や天然ガスも買わないといけないし
極端な円安も円高も駄目。
政府と日銀の協力で適正な為替相場にして欲しいですね。
後は日本企業の自助努力と正しい経営戦略で頑張るしかない。
posted by はなまる at 15:20 | 民主党と国会