中国と公明党
中国のシュウキンペイさんが公明党の山口氏に尖閣棚上げを
持ちかけたとたんワシントンポストもなぜか尖閣棚上げを報道。

米国も日本もマスコミは信用できないと云う事ですね。
お金を貰えばなんでも書くんですよ。
そのマスコミに世論誘導されない事が大事です。

しかし尖閣への不法侵入を繰り返し戦争するぞーなんて
威勢の良い事を云いながら棚上げを持ちかける中国。
山口氏も中国に行く前は同じような事を言っていたのに
政府に釘を刺されたせいか言葉を濁していました。
ここで中国に乗るような事を云えば参院選に響くしね。

さすがに中国に媚びてペラペラと喋った鳩山氏よりは利口ですが
山口氏は尖閣棚上げとか中国も日本もお互い戦闘機を出さない
取り決めをしようとか危険な事を言ってましたよ。

棚上げなんて認めたら領土問題を認める事です。
石破自民幹事長は尖閣は日本の領土だから棚上げなんてない
安倍総理は尖閣は日本の空だから戦闘機を出す出さないは日本が決める
とまあ当然事を言って山口氏をけん制しましたが
売国奴は民主だけではありません。注意しないとね。

【送料無料】公明党・創価学会の野望 [ 平野貞夫 ]

民主と云えば細野氏が朝のテレビで安倍氏が尖閣に公務員を置くとか
竹島の日を政府主催でやるとかナショナリズムを煽るような事を
やる気もないのに云ったとしたら罪深いなんて言ってたけど
これは外交上のカードだから相手の出方を見てカードで牽制するか
機を見てやるかは政府の判断に任せればいいと思います。
posted by はなまる at 17:55 | 民主党とマスコミ