日本企業に希望の光 ?
赤字が続いていたシャープの2012年10〜12月期の
営業損益が40億〜50億円の黒字の見通しだそうです。
新型液晶の好調や円安が業績改善に寄与したんだとか。

シャープに限らずソニー、パナソニックなど日本の家電業界は
大赤字が続いていました。その大きな原因は円高でしょう。
最も同じ輸出企業のトヨタは莫大な利益を上げましたから
円高だけでなく各社の経営の失敗も原因の一つでしょう。

それにしてもあの異常な円高の為にどれほど日本の企業が
競争力を失いどれほど苦しんできた事か。
日本の半導体の最後の砦の一つエルピーダは潰れました。
日本の基幹産業の一つなのに政府は助けようともしなかった。
むしろ潰す為に円高デフレを容認してきたと思います。

日本の円高で最も恩恵を受けたのはサムソンなどの韓国企業と
日本企業が進出した中国です。
もしシャープやパナソニックやソニーが潰れたら私は危うく
中国製や韓国製の家電を買わなくてはいけないとこだった。

サムソンは日本企業から技術を盗み極端な安値で
日本企業のシェアを奪ってきました。
ウォン安円高がそれを助けたわけです。
民主党政権の円高デフレ政策は中国・韓国の為に日本企業を潰し
日本の国力や日本人の雇用を奪うための政策です。

もう少し政権交代が遅れ民主党政権の円高デフレが続いて
日本企業が根こそぎ潰れるか海外に移転してまったらあとは
円安ハイパーインフレで日本は経済大国から転落したでしょう。
それが中国・韓国・民主党・マスコミの目的です。

日本のマスコミはあまり韓国の名を表に出さないけど
アベノミクスで一番被害を受けアベノミクスを一番非難するのは
円高の恩恵を一番受けた韓国です。

ドイツのメンケル首相も安倍政権の政策を批判しましたが
いままでユーロ安で散々儲けたドイツに云われたくないです。

安倍政権は他国の批判をかわし強かに経済政策を進めて欲しいですね。
日本企業も円安の恩恵を受けて頑張って欲しいです。
そして利益を上げたら従業員に還元してね。

マスコミの安倍批判に騙されるな
【送料無料】これからすごいことになる日本経済 [ 渡邉哲也 ]

posted by はなまる at 19:18 | 日記