中国中国艦船VS海自護衛艦
中国がいよいよヤバい事になっていますね。
中国の艦船が、数日前、海上自衛隊の護衛艦に射撃管制用のレーダーを照射して、
小野寺防衛大臣が中国政府に抗議したそうです。

中国艦船が海自護衛艦にレーダー照射
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130205/k10015313791000.html

それに対して中国は
日本は「挑発行動停止を」だって。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130205-00000108-jij-cn

挑発しまくっているのは中国でしょ。
尖閣は日本の領土だから話合う事なんてありません。
ここで話し合いに乗ったり紛争地である事を認めてたら中国の思う壺。

用心すべきなのはやはり国内のマスコミでしょうね。
話し合いしろとか紛争地と認めろとか必死に世論誘導しています。
沖縄には特に中国の工作が深く浸透していると思います。

安倍総理をタカ派だとか威勢のいい事を言う人は危険だとか
マスコミはレッテル貼りをしますが中国の恫喝にはダンマリ。
中国の軍人が戦争するとまで云ったんだから
「来るなら来い、返り討ちだ」くらいの事は云う人がいても良い。
むろん政府はあくまで冷静沈着にですが。

相手の恫喝に黙って反論もしなけば相手はますます恫喝しますよ。
いじめっ子は反抗しない相手は殴るけど殴り返す相手には手をださない。
むしろ平和主義者のほうが戦争を呼び込むものです。

安倍総理は尖閣に公務員を常駐させると選挙で云いましたが
もし中国の船舶や飛行機が尖閣に上陸しようとしたら
自衛隊なり米軍を中国より先に上陸させそのまま自衛隊を常駐させばいい。

素早く動く為にも沖縄にオスプレイは必要です。
沖縄の反基地オスプレイ反対の裏には中国がいるんでしょうね。

双葉社スーパームック自衛隊FAN 現地ルポ!オピニオン!戦史!総合国防マガジン 尖閣波高し!...

posted by はなまる at 18:47 | 日記