中国と韓国と台湾
3/11の東北大震災の式典に中国と韓国が欠席しましたね。
中国は台湾が指名献花として招待された事に抗議のため欠席
韓国は最初から欠席と返事しながら何故か事務手続きが・・・
と云い訳しているようです。

こういう場合政治とは別というのは表向きでやはり政治や外交が
関係するものですね。中国の場合はまあスジは通っています。
韓国もはっきり従軍慰安婦問題に抗議して欠席とか云えばいいのに
訳の分からない云い訳なんぞしないほうがいい。

日本はあの震災の時台湾から破格の援助をして貰いましたが
民主党は去年の式典で台湾を招待もせず一般席に座らせたのを
自民党は激しく非難しましたから今年招待したのは当然です。

政府は台湾を招待した時点で中国欠席は折り込んでいたと思います。
うがった見方をすれば政府は故意に中国を排除したともいえる。
安倍政権の外交はやり手というか半端じゃないですね。

韓国はまあどっちでもいいけど震災をお祝いしますなんて
垂れ幕まで出した国に来て貰いたくもないです。
従軍慰安婦問題も外交や政治の問題にしないという一点で
国連でも韓国とやり合いもうこの問題で韓国には譲歩しない、
ならば式典にも来て貰わない方が良かったでしょう。

台湾にはあの震災の時示したくれた温情にただありがとうと
云うほかないです。民主党の台湾に対する態度は許し難いわ。
天皇陛下が台湾を園遊会に招待された時は流石と思いましたよ。

しかし安倍総理は良い意味で冷徹というか。
かつての甘さがなくなりましたね。一国の総理はこうでなくては。
posted by はなまる at 19:39 | 日記