平野前復興相 離党 除名
平野前復興相が民主党本部に離党届を提出するも民主党は
受理せず除名処分としました。まあ無理もありませんが。

平野氏は民主党という泥船から逃げ出したわけですが
メディア によっては自民党が支援するという報道まで出ました。
平野議員自身は被災地の代表として無所属で立候補して
応援してくれる政党があれば受け入れるですって。

元々平野氏は同じ岩手県選出の小沢一郎氏に近く初当選も
旧自由党からでしたが小沢氏と行動は共にしなかった。
その時は復興相という地位が惜しかったんでしょうね。

被災地の代表としてなんて言うけど復興予算が復興に
無関係の事業に使われた事に平野議員は責任があります。
自民党もこんな人を応援しては信用を落としますよ。

まだ民主党の幹事長としてめげずに顔をさらして選挙制度に
文句をつけてる細野氏のほうがマシってもんです。
根胆はミエミエですが。

選挙制度改革は0増5減でダメなのは確か。
しかし一旦は賛成したんだから区割りだけやってそれから
抜本的改革をやればいいというのが自民党の言い分です。
最低これだけはやりましたという保険が欲しいんでしょうね。
なにしろ抜本改革とか定数の大幅削減とかは纏まるかどうか。

議員本人が選挙制度をいじくると言うのは難しいですよ。
どう変えても良い点と悪い点があるし不平はでますから。
議員定数の削減は与野党とも公約だから守らないとダメだけど
上手く話が決着すればいいけどね。

【送料無料】中国がなくても、日本経済はまったく心配ない! [ 三橋貴明 ]


posted by はなまる at 23:22 | 民主党と選挙