アベノミクスで格差は広がる ?
今日テレビの討論番組を見ていたら小泉改革で
非正規社員が増え格差社会になったという意見がありました。

確か小泉政権の時に労働法が改正されたんですよね。
でもあの時は景気が良くて非正規社員も結構良い給料でしたよ。
格差が広がったのはリーマンショックで雇用がなくなり
円高デフレが酷くなったからだと思います。

アベノミクスで株が上がっても儲かるのはお金持ちだけ
庶民は物価が上がるが給料は上がらず暮らしは苦しくなると
マスコミは云いますが円高デフレで物価は上がらないけど
給料は10%以上も下がったんですよ。
つまり庶民の暮らしは苦しくなり格差は開いたんです。

小泉政権時代も株などで大儲けする人は大勢いました。
私はお金を儲けた人が多ければ税収も増えるしどんどん
消費して景気を良くして欲しいと思いましたよ。
マスコミはカクサガーとまるで悪のように報道するけど
格差無き社会なんて出来ないですよ。

昔、共産主義者という悪質な詐欺師が平等な社会を
作るといってその結果どうなりましたか。
出来もしない事をやろうとするとかえって悪くなるんです。

非正規社員を全部正規にするなんてできないでしよう。
だったらできるだけ両者が同じ条件で働けるように
同じ仕事なら同一賃金で厚生保険にも入れるようにする。

育児中の人や高齢の人は働く時間を短くするとか
いろんな働き方を工夫してどうしても収入か足らない人は
それを補助するネットワークを作る。
そういう努力は必要だと思います。
でも働かず生活保護に頼る人は増やして欲しくないですね。

【送料無料】ニッポン、ほんとに格差社会? [ 池上彰 ]



posted by はなまる at 22:29 | 日記