アベノミクスはバブル ?
評論家の浜矩子さんが講演で金融緩和を進める日本銀行は
「バブル製造装置、政府の金貸し業者になった」と述べました。
円安や株高に沸く「アベノミクス」について
「中身が問われず言葉が独り歩きしている」ですって。

私はアベノミクスがバブルだとは思いません。
リーマンショック前円は110円前後、株価も13000円前後
つまり今はリーマンショック前に戻ろうとしているだけです。

他の国はとっくに戻っていますよ。
日本は一番にリーマンショックから抜ける事が出来た筈なのに
民主党の円高政策の為、こんなに不況が長引いたんです。

この浜矩子さんは常々1ドル50円になると言っていました。
そうなれば日本企業はほとんど国内生産を止め海外脱出か
競争力を失いバタバタと倒産したでしょう。

実際パナやシャープがあれほど大赤字になったのも
日本企業が中国へ進出したのも結局異常な円高のせいです。
あのまま円高デフレが続けば多くの企業が日本から無くなり
リストラ、失業、そして日本人は中国製や韓国製を買わざるを得ない
それが民主党や中国や韓国の目的ですよ。
日本のお金も技術も根こそぎ奪うつもりだったんでしょう。

民主党はドイツに円買いをすすめたという話がありますが
きっと韓国や中国も円買いしていたと思う。
だとしたらアベノミクスの円安でエライ損をしたでしょうね。

もちろん急激な動きには副作用があるし今まで円高で
儲けていた国などはアベノミクスに文句タラタラ。
日本のマスコミや評論家を使ってなんとか止めさせよう躍起です。
今はおとなしいマスコミも耽々とその機会を狙っています。
今日も米国の批判で円高になりましたね。

TPPでは相当米国に譲歩したし地方選挙でも負けた所があります。
油断大敵、支持率なんて頼っていてはだめですよ。
まずしっかりした成長戦略をだして企業の業績が
良くなったら社員に還元するような政策も必要ね。

【送料無料】アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる [ 高橋洋一 ]

posted by はなまる at 00:03 | 日記