円安の損得
円がついに1ドル100円の壁を突破しました。
これまで越えそうで越えなかったのは100円近辺に
厚い壁があったためですが越えるときはあっさりしてますね。

アベノミクスによる円安が日本にどれほど莫大な
利益をもたらしたかは企業の決算を見れば明らかです。

おりしも韓国大統領が訪米中でした。
朴大統領の米議会演説とそれを伝える日本のマスコミの
報道を聞いてチョーむかついたのは私だけじゃないと思う。

でもその演説の裏でこんな事が起こっていました。
実習生にセクハラ!?訪米中の韓国大統領府報道官更迭
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/05/10/kiji/K20130510005774070.html

その上円が101円の爆下げ
おまけに韓国は電撃金利下げしたのに韓国株は爆下げ。
朴大統領はせっかく訪米しながら経済問題より
日本の誹謗中傷をして報道官がセクハラしただけ。

実は円安で最も損するのは韓国ついで中国なんですね。
韓国は日本の技術をパクリ円高で日本の市場を奪いました。
日本企業は円高を避ける為中国など外国に逃亡しました。
なぜ民主党が円高を見守ったのか丸わかりね。

今回海外に移転した企業は円安の恩恵は薄く
苦しくても日本に残った企業は大きな利益を得ました。
最も原材料や資源の輸入価格は上がったからマイナスもあります。

今一番必要なのはエネルギー価格を安くする事ですね。
安倍総理が中東やロシアを訪問したのは安定的に安く
石油や天然ガスを輸入するためでしょう。
原発は安全性を高めて動かしガスより安い石炭発電を増やす。
政府はこう云う方針のようです。

企業が儲けても末端の給料は上がらないとか
円安のマイナス面をマスコミは伝えますが全体的には
今のところプラスの方がはるかに大きいです。

出来れば円は100円から110円くらいで安定して欲しいですね。
輸入価格の上昇には省エネ省資源国産品愛好で対抗しましょ。

【送料無料】アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる [ 高橋洋一(経済学) ]


posted by はなまる at 11:53 | 民主党の政策