参院選の争点 外交
外交は票にならないと良く云いますが今回の
参院選は外交も焦点の一つになっています。

マスコミも良く取り上げますね。
大切な隣国、中国と韓国との首脳会談も出来ないって。

民主党の海江田代表もそれを批判して
肝心の中国、韓国とまだ首脳会談が行われていない
と安倍内閣を批判しています。

肝心の中国、韓国
ねぇ。
まあ民主党にとっては一番肝心な国なんでしょう。

一方安倍総理は世界中を飛び回って多くの国と
首脳会談を行っています。閣僚の外遊も活発ですね。

マスコミは良く日本が孤立しているとか日本政府は
中国韓国との会談を望んでいるがまだ実現出来ないとか
さも日本側が望んでいるのに向こうが拒んでいるという
報道をしています。

今日の新聞も尖閣問題で日本が中国に対し
「外交問題として扱い、 中国による領有権の主張は妨げない」と
提案していたとする共同通信の報道がありましたが
菅義偉官房長官は「外交当局で意思疎通しているが、
日本から指摘の提案をした事実はない」と否定しました。

多分これは中国の方から打診があったんだと思います。
日本側にも与党議員や外務省に親中派はいますから
なんとか尖閣のクールダウンを画策しているんでしょう。

中国も尖閣を棚上げしたいと言ってましたからね。
でもうっかり棚上げ論に乗ったらいずれ尖閣はとられますよ。
今は無理でも戦力を増強して奪うと言うのが中国の本音です。

安倍総理は扉はオープン、でも首脳会議に条件を付けるのは
間違いだと言っています。つまり中国の条件は飲まない。
その代り他の国々との外交で中国の横暴を批判してます。
まあ今はこれが一番良い外交でしょう。

外交の基本は近攻遠交です。
隣国の向こう側の国と仲良くする事ですよ。

中国韓国と首脳会談が無い事で安倍内閣を批判する
野党やマスコミは中国韓国の条件を飲めと言ってるんですよ。
つまり中国韓国の手先なのです。

しかし安倍総理は中国の事は言及しても
韓国についてはほとんど何も言わないですね。
まあ別に何も言わなくてもいいし韓国とは1000年
首脳会議が無くても私はかまいませんけど
安倍総理の本音はどうなんでしょうか。

 「歪んだ経済」で読み解く中国の謎 習近平と中国は何を狙っている? (ワニブックス|PLUS|新書)...

posted by はなまる at 18:51 | 日記