参院選の争点 歴史認識と靖国参拝
参院選の争点といっていいのかどうか分からないけど
歴史認識と靖国参拝ですが野党とマスコミは安倍内閣の
歴史認識の為に中国韓国と首脳会談が出来ないと批判してます。

韓国のパク大統領はのっけから1000年たっても被害者と
加害者の立場は変わらないと言い、アメリカでは日本無視演説
中国とは日本より早く首脳会談を行いました。

中国と一緒に世界中で日本のネガティブキャンペーンをやり
中国は尖閣そして沖縄までも侵略しようとしている。
日本のほうから中韓に首脳会談を求める事はないでしょう。

ただ歴史を政治問題化しないほうがいい。
中国も韓国も歴史を捏造してまで日本を非難しています。
それに対して日本も反論したいという気持ちはありますよね。

でも日本が反論すると相手の思うつぼに嵌る危険があります。
従軍慰安婦もそうですが反論するならよほど戦略を考え
慎重にやらなければならない。政治家より民間人のほうがいい。

その点は安倍内閣も分かっているようです。
野党の時は安倍氏は靖国参拝や歴史認識について
積極的でしたが今は非常に慎重です。それでいいと思います。

河野談話や村山談話が出る以前、政治家の多分総理か外相は
「過去の戦争の評価は後世の歴史に任せる」
と言っていました。子供の私はそういうもんかと思いました。

日本の場合戦ったのはアメリカ欧州です。
アメリカは原爆を落とし欧州はアジアの植民地を失いました。
あの戦争の評価は後世の歴史に任せるのが一番です。

もちろん嘘や捏造については事実を述べて反論すべきですが
それは民間の歴史家とか評論家のほうがいいと思いますね。

韓国の朴槿恵大統領の現状での日韓首脳会談は困難との見解に
菅官房長官は「日本としては緊急な課題もないわけだから、
事務方で意思疎通を図っていくことが大事」
だと述べました。
つまり日韓首脳会談は急がないしやらなくても良いって事です。

その事務的意思疎通で韓国側が日韓スワップの再開を打診し
麻生財務相がきっぱり断ったという話もあります。

一方で菅官房長官は歴代内閣の歴史認識を踏襲する方針を
重ねて表明しています。中韓よりむしろアメリカ向けですね。

おそらく当分安倍総理の靖国参拝はないでしょう。
でも閣僚や与党議員は是非参拝して欲しいですね。
中国韓国の厄除けにもなりますから。

韓国は朝鮮戦争で中国と実際に戦争までしています。
でも中国に対して非難もせず賠償も求めていません。
それは求めても絶対中国が賠償する事は無いからです。
逆にぶっ叩かれるだけでしょう。

日本はあまりにも韓国に甘すぎました。
ただ冷戦下韓国は共産主義の砦であったため
やむを得ない面もありました。

でも冷戦は終わり韓国や中国やマスコミの
嘘や捏造もネットの社会では用しなくなりました。
私は外交では100%安倍内閣を支持します。


posted by はなまる at 18:39 | 民主党と選挙