政府の汚染水対策
政府の汚染水対策がようやく決まりました。
しかしこれで放射能漏れが防げるかどうかは分かりません。
でも東電に任せていては全く埒が明かず政府が
前面に出たのは遅かったとはいえ良かったです。

とにかく汚染水漏れさえ対策が打てないでは原発再稼働も
原発の輸出も2020年のオリンピックも賛成はできません。
なんとしても放射能を抑え込み廃炉に道を付けて欲しいです。
日本が総力を上げてやるべき事でしよう。
その過程で新しい技術が生み出されれば日本の財産になります。

福島の放射能汚染が止まれば他の原発も徹底的に
安全対策を取って再稼働できると思います。
その責任はもちろん日本政府にありますがあの大震災の時
時の菅内閣がもっとマシな対応をしていたらあの水素爆発は
防げたかもしれないし今のような惨状にはならなかったかも。

あのお粗末な汚水タンクを量産しつねに後手後手に回り
その場限りの対応しかしなかった東電にその後2年近くも
対応を任せなんの手も打たなかったのは民主党政権です。

でも今その責任を負うのは現政府です。
安倍内閣はもっと早く対策を立てて欲しかったですね。

とはいえ民主党政権の無策をほとんど批判しなかった
マスコミが安倍内閣の対策を批判ばかりするのはむかつきます。
菅元総理の原発反対にしてもあれは日本の電力を不安定にし
日本の産業力を落すのが目的でしょう。

円高で日本経済を弱らせたのと同じですよ。
それが分かっているからこそ現政府には全力で
対策を立ててほしいですね。

 【全品送料無料】死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日/門田隆将【RCP】

posted by はなまる at 18:06 | 日記