在特会とヘイトスピーチ
京都地裁は在特会の朝鮮学校の周辺で街宣活動などを
「人種差別撤廃条約で 禁止した人種差別に当たり、違法だ」
と判断し半径二百メートルでの街宣禁止と約千二百万円の賠償を命じました。

私は在特会はなりすましの街宣右翼と同じではないかという
疑いを持っていますが今回の原因は朝鮮学校が公園を
無断使用した事への抗議から始まったそうです。

相手を罵倒し暴力的というやり方は街宣右翼も在特会に対抗する
しばき隊も同じでありながら朝鮮学校や在日韓国人を攻撃した方だけが
ヘイトスピーチと非難され違法だと判断されるのは公平ではないし
危険だと思います。日本人はもっと危機意識を持つべきですね。
やがては日本人の言論の自由が制限される恐れがあります。

マスコミや在日韓国人や朝鮮人がやろうとしているのは
自分達への日本人の批判を徹底的に潰し自分達の利権を守る事です。

今ネットで嫌韓が高まっているのは以前のマスコミの異常な韓上げや
韓国の国ぐるみの日本への激しいヘイトスピーチや反日デモが
ネットによって知られるようになったからです。

いわゆる在日特権というものが実際にあるらしいという事や
韓国や在日が嘘や捏造で日本を貶めている事もみんなが
知るようになり嫌韓デモが起こる様になったんですよ。

新聞やテレビは韓国の反日や在日特権を全く報道しない。
そんなマスコミが在特会のヘイトスピーチだけを批判しても
やはりマスコミはアチラの側だという証明になるだけです。

だからと言って相手を罵るような行為は敵を利するだけ。
デモをするなら通名廃止・パチンコ禁止・外国人の生活保護禁止
特別永住許可廃止、などをスローガンにすればいい。

静かな嫌韓運動もありますよ。
自分も家族もパチンコはしない、中・韓製品は買わない
中・韓へは旅行しない、テレビで韓国の話題があれば
即チャンネルを変える、偏向新聞は購読しない
そして選挙には必ず投票する。

政治家の中にも日本の国益を損ね中・韓に阿る人はいます。
まずそういう人を落し少しでも日本の為になる人に投票する事です。
政治家は票とお金をくれる人の為に働くんですから
選挙に行かず嫌韓デモをしても無意味です。

【送料無料】嫌韓流ディベ-ト [ 北岡俊明 ]
posted by はなまる at 19:35 | 日記