ヘイトスピーチと嫌韓
昨日安倍総理がテレビに出てTPPや外交経済そして
今話題のヘイトスピーチについて話していました。

大まかに言うと
「偏狭な愛国心とは他国の国旗を焼いたり、
他国のリーダーの写真を塗りつぶしたり
その国籍の人間だというだけで罵ったりする事で
相手がそういう事をしても日本人はやらない、
それが日本人の誇りだ。」

まあごもっともですけどね。
でも日本人はもう我慢しきれなくなっているんですよ。
ネットで韓国や中国が世界中でやっている日本への中傷や
在日がマスコミと組んでやってきた嘘や捏造を知った人は
もう許せないんですよ。まだデモをする人は少ないけど
ネットには中・韓への嫌悪と反感が渦巻いている。

普通一般の人は長年ある事ない事悪口を周り中の人に
言いふらされ集られ続けたら病気になるか自殺するか
相手を殺すかそんな事件になっても不思議はないですよ。

中国や韓国が日本に対してやっているのはそういう事です。
しかもごく一部の人がやったヘイトスピーチデモを利用し
日本人の言論や表現の自由を制限しよう企んでいる。

民主党の有田氏ら超党派がヘイトスピーチを法規制する
議員立法を目指しマスコミは在日を攻撃する少人数の
ヘイトスピーチデモだけを批判し韓国の国ぐるみの
反日デモや悪質なプロパガンダは報道しません。
日本人が知りたい在日特権も知らん顔です。

安倍総理はヘイトスピーチの法規制は表現の自由に
反するからと消極的のようですが油断は禁物。
マスコミが世論を誘導しようとしていますからね。

私はデモ自体はやればいいけど相手を口汚く罵り
シネだのコロスだのと叫ぶ過激なヘイトスピーチは
利敵行為だからするべきじゃないと思います。

もっと静かに賢く敵に対抗しないとダメですよ。
政府も中・韓の悪質プロパガンダに対ししっかり
反論し対応して欲しいですね。
中国や韓国に譲歩したり無駄な援助はしないで
在日特権についても無くす方向で政治をして欲しいです。
posted by はなまる at 12:03 | 日記