集団的自衛権と靖国参拝
安倍総理が靖国参拝するかどうかでマスコミと中・韓が
騒いでいますがそんな事は総理に任せればいいでしょ。
いつ神社にお参りするかは個人の自由です。

安倍内閣は集団的自衛権を持とうとしていますが
これに反対しているのは中・韓だけ。
靖国と集団的自衛権はなんの関係も無いけど中・韓は
靖国参拝は日本の軍国主義回帰の現れだと非難するでしょ。

今は中・韓の反対に少しでも根拠を与える事は避けるべきです。
日本の集団的自衛権は北朝鮮や中国へ対抗するものだから
中国の反対は当然ですが韓国はまがりなりにも米国の同盟国で
反対するのはおかしいけど元々オカシイ国だから仕方ない。

日本はドアはオープンと言いながら集団的自衛権を進めればいい。
尖閣や慰安婦や歴史問題で譲歩しなければいくらでもにこやかに
無条件で話し合いましょうと言えばいいんです。
表向き握手を求めながら思いっきり足で蹴飛ばすのが外交ですよ。

総理は秋の例大祭には参拝しないと報道されてますが
閣僚や議員は行きたい人は遠慮なく参拝してください。
総理の参拝は経済復活・集団的自衛権の後で良いです。
むしろこれが出来ない間は参拝するなと言いたいです。
posted by はなまる at 12:40 | 日記