韓国大統領の悪口外交
韓国の朴槿恵大統領はEUを訪問してますが
フランスや英国のマスコミに日本の悪口を言いまくり。
従軍慰安婦や歴史問題で安倍政権が前向きな姿勢を
示すまで日韓首脳会談は困難ですって。

まあ日本にとっては良い大統領じゃありませんか。
今までの大統領はもう少しずるくて日本から
援助をひきだしてから反日した物ですが。

菅官房長官が言う通り日本には韓国と緊急の課題はないし
日本のマスコミがいくら大切な中国韓国との首脳会談がない
と安倍内閣を批判しても別に安倍内閣は困らないでしょ。

だって国民もこちらが譲歩してまで中韓との首脳会談を
望んではいないんだから。もう二度と韓国に私達の税金を
流すなというのが日本人の大方の意見でしょう。

実は韓国のマスコミが日本との首脳会談をするように
世論操作をしているようでちょっと不安でした。
イヤな隣人とも付き合わなくてはならないだって。

まあ外交は好き嫌いでするものじゃありません。
損か得か国の利害と相手の利用価値を考えてやるものです。
日本政府が長い事韓国に対して非常に甘かったのは
韓国が米国の同盟国であり共産主義国との緩衝地帯だから。
中国が北朝鮮を大事にしているのと同じです。

でも今はミサイルを飛ばし合う時代だし韓国は経済的に
中国に傾きすぎて日本にとって利用価値が下がっています。
中国と韓国は世界中で日本のネガキャンをしまくってるし
日本への数々の嫌がらせも酷いもんです。

日本は韓国や中国が国際社会に流す捏造の悪意に満ちた
ネガティブキャンペーンにしっかり反論しないといけません。
政府はもちろんだけど国民も出来る範囲で反論しないとね。

posted by はなまる at 18:52 | 日記