1票の格差 最高裁
1票の格差について最高裁の判決が出ました。
昨年12月の衆院選は「違憲状態だった」との判決です。
この判決にマスコミは非常にご不満のようですね。

昨年自民党が大勝した衆院選は違憲という
判決を期待したんでしょうね。

「違憲状態」とは、投票価値が不平等な状態での選挙ではあるが、
それを正すにはもう少し時間がかかるので「違憲」としないことを
意味するそうです。

違憲判決が出れば安倍内閣の正当性が失われる。
あわよくば選挙のやり直しを・・・とでも考えていたんでしょ。
その為にどれほど国政が混乱し停滞する事か
まあそれがマスコミの狙いでしょうけど。
最高裁も国政の混乱を考えて違憲判決は出さなかったんでしょ。

でもこんな状態を続けていてはダメなのは当然です。
国会は早く選挙制度を替え定数も削減すべきです。
定数削減は自民党の公約でもありましたからね。

マスコミは民主党が勝っていればこれほど
騒ぎはしなかったでしょうが選挙のたびにケチを
つけられるのは良くありません。
小選挙区は不安定だし全てを比例にすると
候補者の良しあしが分かりにくくなる。
難しいけど公平な選挙制度にして欲しいですね。

posted by はなまる at 12:46 | 日記