安倍総理 年頭の記者会見
安倍総理の年頭の記者会見が伊勢神宮でありました。
相変わらず声は良いんだけど滑舌が悪いですね。
それはともかく話の内容はそつがないです。

経済の向上第一、デフレ克服、収入アップに全力を上げる
フィリピンでの災害救援や南スーダン・ソマリア沖などアフリカで
PKOに参加している自衛隊や海保の人達へのねぎらい、被災地復興など
国民が言って欲しい事をまとめて分かりやすく述べていました。

靖国参拝で国際社会から孤立というメディアの報道を気にしてか
トルコ大統領の来日、アフリカ中東への外遊などにも触れました。
まあ外交については安心して見ていられますね。

靖国でアメリカに文句を言われてもヘタれなかったし。
逆にアメリカの方が一般の日本人から抗議を受けて
ビックリしたんじゃないですか。アメリカにしてみれば
中韓と面倒を起こされては困る、日本は自重しろって事でしょうが
いつもは大人しい日本人がアメリカ大使館のフェイスブックなどに
かなりの抗議のメールを送ったようです。
中国や韓国に対してはそれだけ頭に来ちゃってる人も多いんでしょ。

日本人は我慢するだけして我慢の限界を越えるとプッツンしちゃう。
それではダメでちゃんと相手に反論したり批判したり自分の考えを
発信しないといけません。米国での慰安婦像撤去の請願もかなり
署名が集まったようです。その点メールは便利ですね。
日本に居ながらホワイトハウスに意見を表明出来るんだから。

中国韓国への外交については前提条件なしでいつでも会談したい
とくどいほど前提条件なしと言ってましたね。

中国の人民日報はなぜ安倍総理の靖国参拝に東南アジアは怒らないのか
なんてフィリピンなどを非難してましたがそりゃそうよ。
安倍総理が戦没者の慰霊と平和の誓いをしたのに他国が怒る理由がない。
靖国参拝を世界が非難しているなんてマスコミの嘘はもう通じません。

今東南アジアの脅威となっているのは中国。
日本人は他国の領土や領海や資源を力で奪おうなんて思っていません。
国際法やルールを守りお互いに利益を得るのが日本外交の根本です。
あれだけの犠牲を出してようやく手に入れた平和と繁栄ですから。
その事をちゃんと世界に発信する事が大切です。
posted by はなまる at 18:52 | 日記