今日の国会演説とダボス会議
国会が開会され総理始め主要な閣僚の演説がありました。
総理の演説で気になったのはロシアとの関係を重視している事です。
本気で北方領土を解決し日ロ平和条約を考えているんでしょうね。

ロシアは乱暴な所はあるし決して油断出来る国ではない。
しかしアメリカ一辺倒ではダメだし中国は日本の敵国です。
資源大国でもあるロシアとの関係改善は大切ですね。

経済はなんとか成長しているのでこれを持続して欲しい。
東京都知事選に過去の売国政治家が集まって安倍内閣を
倒そうとしていますが裏にいるのは中国韓国です。
東京都民は都政に一番良い人を選んで欲しい・・・
とはいえ罰ゲームのような候補者ですが最悪の人は選ばないでね。

ダボス会議で安倍総理は力強くアベノミクスをアピールしてました。
日本人からみるとちょっと調子に乗り過ぎだけど国際社会では
あれくらい強く主張すべきなんでしょう。
中国を批判しつつドアは開いているとお約束の発言でした。
靖国についてもキチンと発言していました。
自らの意見を言う、批判に対して反論するのが大事です。

愉快だったのは安倍総理が予定より早く会場に来て韓国の
朴大統領の演説を最前列のど真ん中で聞いた事です。
さすがに朴大統領も日本の悪口は言わなかったとか。

韓国の新聞は安倍総理は朴大統領のストーカーと批判しましたが
自分の前で悪口を言えるモノなら言ってみろって事でしょうか。
まあ人が悪いというか何と云うかハハハ・・・
その後で朴大統領の演説を褒め首脳会談をしたいと言ってました。

これで中国とも韓国とも首脳会談したいとアピールしました。
それを断るのは向こうの方ですからアメリカも良く見ていてね。

【送料無料】ダボス会議で聞く世界の英語 [ 鶴田知佳子 ]
posted by はなまる at 18:38 | 日記