慰安婦問題 河野談話は見直しへ
韓国外相が国連で演説しました 。
「慰安婦は忘れられたホロコースト」ですって。

文春にも出ていた通り元々は朝日新聞の嘘話。
これを書いた記者の奥さんが韓国人でその母親が
日本で慰安婦裁判を起こし寄付された金を持ってトンズラ。

こんな事が国際問題になるのはひとえに河野談話のせいです。
当時の日本政府は自国のマスコミが火元だし早く片付けて
韓国と未来志向の関係を・・・とか思ったんでしょうね。

もちろん韓国側はこれでこの問題は終わりにするから
韓国の顔を立てて・・・とか云ったんでしょうよ。
河野談話を出したために韓国側の強請りの種になってしまった。

北朝鮮の核ミサイルと同じです。
これ以上もうありもしない事で誹謗され強請られるのは真っ平。
早く国会で河野談話を検証し見直すべきです。

マスコミや一部政党が韓国との関係が破綻するからと
見直しに反対してるけど日韓関係等とっくに破綻している。
見直し反対と言ってる連中は韓国や中国のスパイです。

もっとも安倍内閣が一番気を使っているのは米国でしょうね。
米国は日韓関係が悪くなるのを嫌っている。
でも実は韓国をう追っているのは米国ですよ。
下院決議だの慰安婦像だの東海併記だの。
米国は対中・北の為日韓関係を改善しろというけど
韓国は中国の言いなりだし北と統一したいなんて言ってるよ。
韓国のロビーになんかやられる米国は信用できません。
posted by はなまる at 20:04 | 日記