中韓共同で反日活動
中国の習近平氏はドイツで日本の過去を批判し南京大逆殺で
30万人が犠牲になったと講演しました。
これに対し日本政府は根拠のない数字と反論しました。

中国の反日宣伝に一々反論を出すのはとても良いことです。
中国は南京大逆殺で韓国は慰安婦でともに手を取り合い
日本を攻撃しています。日本は反撃しないと駄目ですよ。

南京の人口は日本軍が入った当時19万人前後
出て行った時も19万人前後でした。
戦後、日本政府は犠牲者の数の調査を申し入れたのに
中国は拒否しました。つまり調べられては困るんでしょう。

河野談話については当時直接関与した石原氏の証言で
韓国側がこれで区切りをつけ未来志向の関係を作るという事で
日本に依頼し作成したことが段々と明らかになってます。

そもそも韓国への補償は全て日韓条約で解決しています。
中国は賠償を一切放棄すると云って日中友好条約を結びました。
過去のことは全て解決しているのに因縁をつけ日本を攻撃する為
慰安婦や南京でありもしない嘘をでっち上げている。

両国は戦時中の強制連行の賠償裁判を起こしていますが
その目的は日本からたくさんお金を引き出すだけでなく
日本の国際的地位を貶め最終的には日本を潰す為でしょう。

中韓はこれまで一番手厚く日本が援助した国です。
そのお返しがコレですからね。
自民党も余計な事をしたもんですよ。

最も自民党だけのせいでもない。
マスコミは常に反日で中韓の宣伝係。
南京も慰安婦もマスコミが大々的に宣伝しました。
政治家や評論家のなかにも中韓の宣伝係は多い。
日本の真の敵は身内にいると思います。

【送料無料】どの面下げての韓国人 [ 豊田有恒 ]

「反日」の構造 中国、韓国、北朝鮮を煽っているのは誰か






posted by はなまる at 18:47 | 日記