集団的自衛権と日米安保
日本政府は憲法解釈を変え集団的自衛権を認めたいようです。
たとえば日本の近海で米の艦隊が攻撃を受けた場合
日本の自衛隊が助けないと日米安保は破綻すると言う理屈です。

その場合、一番考えられるのは朝鮮半島有事です。
つまり韓国のために自衛隊が働くというのは非常に嫌ですね。
一方韓国も日本の集団的自衛権に反対しています。

間接的に韓国を助ける為なのに反対するとはどういう事か
まあ日本にとってはその方がありがたいですけど。
集団的自衛権は必要と思うけど韓国のために働くのは嫌。

日本にとって問題なのは集団的自衛権で協力するはずの
米国がこのところどうも信用ならないこと。
米国の方も日米安保が必要という人は減り気味です。
中国韓国からの移民の反日活動も影響が大きくなっています。
総理の靖国参拝への失望発言を聞いたとき私は日米安保の
終わりの始まりかも・・・と思いました。
今すぐではないけど永遠に続く同盟などありませんから。

米国は当てにならず中国は侵略する気満々という状況で
日本は本気で安全保障を考える時が来ています。
政府にもそういう危機感があるんでしょうね。

だから憲法解釈で集団的自衛権を認めようとしている。
米国だけでなく他の友好国も対象に出来ますからね。
自衛隊も動きやすくなるし中国への牽制にもなる。

とは言え軍隊は晴れた日の雨傘なのが一番いい。
戦争への備えをすることが戦争を防ぐわけです。
昔のような軍国主義は真っ平だし他国を侵略するなんて
大損するだけ、中国が早くそれに気がつけばいいけどね。
現に尖閣以後中国が得したことなんてないでしょ。

posted by はなまる at 19:48 | 日記