TPP 難航
TPPがえらく難航していますね。
米国の公聴会では、下院歳入委のキャンプ委員長が
「日本がTPPの進展を大きく阻んでいる」と懸念を表明したそうですよ。
フロマン米通商代表は農業自由化に「例外ありえない」だって。
だったら米国も自動車の関税をナシにして貰いたいもんだわ。

ここまでこじれたのはオバマ政権が素人で自分の都合ばかり
他の国に押しつけしかも議会を説得できないからだと思います。

米国には日本が譲歩しないなら日本を外そうという
意見もあるそうですが日本政府もおいそれとは譲歩できない。
あれほど米や肉などの「聖域」を守ると公約しちゃったしね。

農家が自民党の票田だと云うだけではなく食糧は安全保障に
関わる事だから私も農業は残して貰いたいです。

TPPが日本にとってプラスかマイナスかは分かりませんが
アメリカは自動車を守りたいし他の国にも守りたいものはある。
お互い最小限それを認め合うって言うわけにはいかないのかしらね。

今度オバマ大統領が来日しても共同声明も出さないという
話もありますがどうなることやら。

【送料無料】米国の研究者が書いたTPPがよくわかる本 [ ジェフリー・J.ショット ]







posted by はなまる at 22:40 | 日記