ヘイトスピーチと反差別基本法 ?
民主党の白眞勲議員がヘイトスピーチに対抗して
反差別基本法?のようなものをつくろうとしています。
民主党政権時代に閣議決定した『人権委員会設置法案』を
土台にして法律を作るんですって。

『人権委員会設置法案』といえば名前だけはもっともらしいけど
実際は在日韓国人・朝鮮人のための法案で日本人の権利を
制限し表現の自由を奪うものでした。

白眞勲議員は帰化議員で韓国や在日韓国人のために働くと
堂々と発言した人です。当然この人がやろうとしている事は
日本や日本人の為ではなく韓国や在日韓国人のためです。

人権だの反差別だの聞こえのよい言葉にだまされてはだめです。
同時に在特会などのヘイトスピーチも要注意ですね。
私は在特会は凱旋右翼と同じ在日の成りすましかと疑っています。
過激なヘイトスピーチによって白眞勲議員などの在日優遇法案に
反差別という大義名分を与えているんじゃないかと思います。
今日ニュースになったお遍路小屋の朝鮮人排除の紙も
自作自演の臭いがプンプンしますよ。

もっとも今ネットで韓国への反感が充満し嫌韓本が売れるのは
韓国の実態が知られたからで当然のことだと思います。
まあ私もその一人だし。

韓国の日本へのヘイトスピーチは日本よりずっと酷いのに
韓国のヘイトはよくて日本のヘイトはいけないなんて
それこそ日本に対する差別です。だからといって
ヘイトにヘイトで対抗しても敵を利するかもしれない。

その点では安部総理を見習うべきかもしれませんね。
安部総理は決して韓国の朴大統領の悪口は言わない。
価値観は同じ、ドアはオープン、といいながら
韓国の要求は拒否しています。今のところはね。

私たちも声高に反韓を叫ぶより静かに離韓すればいい。
その為にはまず日本国内の韓国勢力を駆逐するべきです。
白眞勲議員のような人を落選させる事。
中韓の手先の左翼マスコミをつぶす事。
日本の税金で中韓を助けないように常に目を光らせる事。

世の中には関わらない方がよい国や人があります。
日本は長い間、韓国には無関心だった。
でもここ数年韓国のことを知るにつけこの人たちとは
付き合えないということがわかりました。
思えば脱亜論を唱えた福沢諭吉先生は偉かった。

韓国は困ったときは日本に擦り寄り援助を貰いながら
のどもと過ぎれば恩を仇で十倍返しする人たちです。
この先韓国がなにを言おうとどうなろうと日本は
絶対韓国と関わらないことです。

 呆れた!韓国 告げ口、たかり、捏造の隣国に未来はない 一冊で分かる嫌韓12年史 (OAK MOOK 518...
posted by はなまる at 22:51 | 民主党の政策