日米激突 首脳会談
日米首脳会談はまさに激突って感じでした。
角つき合わせて互いに一歩も引かない外交でした。

尖閣諸島についてはオバマ大統領も明言し共同声明で
「米国の防衛義務を定めた日米安全保障条約が適用される」
と初めて明記。安全保障分野ではまあ日本の望みどおりですね。

安倍総理は日米共同声明について
「両国にとって画期的な声明になった」と自画自賛。

しかしTPPのほうはまとまらず担当の甘利大臣は精も根も
尽き果てたお顔でしたね。病後なのにお気の毒。
どちらも公約と選挙がかかっているから引くに引けないとこでした。

しかし安倍内閣は強気ね。これまでの内閣ならここまで粘らなかった。
尖閣で日本の希望を入れたのにねオバマさんは内心プンスカかも。
これに対しては日本も普天間基地移転や集団的自衛権などで
頑張らないとダメでしょ。もちろんそれが日本のためです。

それにしてもオバマ大統領と安倍総理のうわべは仲のよさを装い
実は意見の激突でむかついてる(とくにオバマさん)と言う様子が
外交とはかくもキビシイと改めて思いました。いや〜怖い。

しかしオバマ大統領も支持基盤が弱いことを見切られたみたいで
内心腹立つでしょう。しかも次の訪問はお葬式状態の韓国。
朴大統領は沈没船事故処理の手際の悪さで支持率が低下。

元々訪韓は韓国側が無理やりねじ込んだものですが
首脳会談には最悪のタイミングになりました。
朴大統領はまた歴史認識で反日外交するんでしょうか。

日本では閣僚や議員が靖国参拝し総理も真榊を奉納したばかり。
朴大統領としては泡吹いてでも日本非難したいところですが
日本はもう韓国の反日は折込というか気にもしてない感じ。

オバマ大統領が訪日し、その後訪韓することを承知で
総理も去年と同じように真榊を奉納したわけですから。
とりあえず訪韓がどうなるか野次馬的興味があります。

ただ今回分かったのは国民が支持しなければ政治家は
良い仕事が出来ないと言うことです。
頑張った政治家にはエールを送りましょう。
同時にこれからが大切です。やはり日米関係は大事ですから。
posted by はなまる at 16:19 | 日記