安倍内閣のトップセールス
安倍総理、欧州を巡ってトップセールスに努めていますね。
日本酒、和食から武器、原子力まで幅広い。
武器なんか売るな ! って私も昔は思ってました。
でもキレイ事では生きていけない世界。
日本も普通の国にならざるを得ない気がする。
ともあれアベノミクスの売り込みはいっそ清清しいまでの
あつかましさでその積極外交が実を結ぶといいですが。


一方中国へは自民党の高村副総裁ら日中友好議員連盟の
訪中団が全国人民代表大会の張徳江委員長と会談しました。
オバマ大統領に尖閣は日米安保の範囲内と言わせた後での
訪中と言うのがミソですね。

張委員長は尖閣諸島について、
「中国固有の領土であり、 絶対に譲れない」
「A級戦犯がまつられている靖国神社に参拝するのは戦争を美化することだ」
一方高村氏の反論は、「中国側は、1970年代になって、突如
尖閣諸島の領有権を主張し出した。2008年ごろまでは、
力で侵すようなことはなかったのに、最近はエスカレートしている。
安倍総理は国家の命令で戦場で亡くなった人の慰霊のために靖国神社に
行っているのであって、戦争指導者のために行っているわけではない」

まあお互い言うべきことは言ったわけです。
外交は狸と狐の騙しあい。とくに中国相手ではね。
日本は兎に角ドアはオープンと言いながら首脳会談を求める。
その一方で集団的自衛権を進め靖国神社にも参拝する。
安倍総理は今年も参拝するべきだと思います。

posted by はなまる at 22:42 | 日記