集団的自衛権と中国
安倍総理のオーストラリア訪問は成功だったようですね。
アボット首相は日本が普通の国として集団的自衛権を
持つことに賛意を示しました。NZもそうでした。
良好な日豪関係は日本には重要です。
だから安倍総理は集団的自衛権の閣議決定を急いだんでしょ。
各国の賛成を得れば国民の理解も深まるし。

一方中国は日本は戦争できる国になったと原爆を表すきのこ雲の
日本地図で日本を恫喝しました。全く野蛮な国です。
こんな事をすればいずれ日本も核武装を !という意見も出ますよ。

集団的自衛権は国連も認め中国も含めて全ての国が
持っている権利で日本が持ってもなんの問題も無いでしょう。
ただ閣議決定で憲法解釈を変えたのはダメという人は多いですね。

けど憲法改正なんて何年かかるか分かりませんよ。
今そこにある中国の脅威に間に合わないじゃない。
憲法を守るために国があるんじゃない。

国も憲法も国民を守るためにあるんです。
中国のように危険で野蛮な国が隣にあれば周囲で
力を合わせ自国を守るのは当然でしょう。

サヨク系マスコミは集団的自衛権で明日にでも日本が
戦争するかのような事を言うけど中国の侵略行為を批判せず
日本政府ばかり批判するのはオカシイでしょ。
あの人達は日本が中国に無抵抗で侵略されればいいと
思っているんですよ。
その証拠に彼らの言う事は中国のプロパガンダと全く同じ。

米国をはじめまともな民主主義国は日本の集団的自衛権を
歓迎し反対してるのは中国と韓国と日本の反日マスコミだけ。

これで安倍内閣の支持率が下がったというけどまあバカみたいな
ヤジ問題でマスコミに叩かれた事も影響しているんでしょう。
マスコミのアンケは設定しだいでいくらでも答えを誘導できます。
サヨクマスコミが反対する事は正しい・・・
タモガミ氏じゃないけどそう思いますわ。

 日本は戦争をするのか 集団的自衛権と自衛隊 (岩波新書 新赤版 1483)[本/雑誌] / 半田滋/著
 日本人のための「集団的自衛権」入門 (新潮新書)[本/雑誌] (新書) / 石破茂/著
posted by はなまる at 00:08 | 安倍内閣