人手不足と外国人労働者
最近、人手不足がすごいそうですね。
トヨタが特別手当をつけて人員募集をかけたけど
集まらなかったとか、人手不足のため時給を上げても
人が集まらず店を閉めたとか、2年前には考えられない事です。
あまりに人手不足のため外国人労働者を入れる話がありますが
これには非常に反対が強いですね。

まずは国内のニートとか非正規とか女性とか高齢者とか
あまり恵まれない埋もれた人達を活用する事が第一です。
非正規の人は正規にしてお給料を上げて欲しい。
育児中の女性でも一日数時間なら働けます。
フルタイムで働くのは無理な高齢者も一週間に三日なら働ける。
上手に仕事を分け合って欲しいですね。
ロボットもどんどん開発して活用するべきですね。

それでも足りなければ外国人労働者ですね。
その場合きちんとルールを決め期間も限定的にして
日本人と同じかそれ以上の給料で雇う事が大事です。

外国人を安い給与で雇えれば日本人が職を奪われたり
日本人の給与が下がってしまいます。
外国人のほうも安い給与に不満を持つでしょう。

急激に外国人労働者が増えるのは治安にもよくありません。
日本人と給与が同じなら経営者も日本人の雇用を優先するはず。

外国人労働者は日本人と同じ労働条件にするかわりに
期限付きで決まった期間が終われば即帰国。
仕事が無い人、納税しない人は即帰国。
間違っても生活保護なんてダメですよ。
こうした条件をお互い納得の上で働いてもらえばいい。

もちろん反日的な国からの外国人労働者は絶対お断り。
親日的な国から少しずつ入れたほうがいい。
特定の国の人が多くなりすぎるのは危険です。

《送料無料》越境する雇用システムと外国人労働者
posted by はなまる at 22:17 | 日記